スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回の衆院選

今回の衆院選は自民党の圧勝と伝えられていますが、それは議席の上での話。決して自民党の「圧勝」ではないとおもうのです。ただの「不戦勝」です。
多くの方はそう思われていると思いますが、なぜ、そうなったのか。

今回の小選挙区での獲得票数で見ると、自民党は前回の衆院選と比較して、若干「減少」しているんです。ただ、さほど、大きな差ではない。
ということは、自民党支持者は前回の選挙から一貫して「自民党支持」なわけです。

対して、民主党は見ての通り、大幅な減少、ほぼ壊滅的に数を減らしています。そして、その他の政党は思ったほどの伸びなかった。これは戦後最低の投票率であったためです。結果、自民党の「不戦勝」だったわけです。

これは前回、民主党に投票していた一部(あるいは大半なのかも知れませんが・・・)が、今回は投票に行かなかったということですね。

こういった方々は、「民主党には失望した。自民党には期待しない。だから、今回は投票に行かない。」といった意見を言われる方が多いのではないでしょうか。

そんな考えの方は、正直、日本から出て行ってほしいです。

そもそも、3年前に出来もしない口約(口約束に過ぎないような馬鹿げた公約)を見抜けず、民主党に投票などした無責任な方々が、今度は民主党に投票しないばかりか、選挙を放棄するというさらに無責任な暴挙にでたことで、自民党に「圧勝」という錯覚の結果をもたらしてしまった。

自民党支持者の私ですが、自民党を支持しながらも、自民党の政策に100%賛同しているわけでありません。政治に不信感や失望感を抱きながらも、自分の考えと一番近い政策を一番多く持っている政党を支持しているだけなのです。

今の日本をここまでダメにしたのは、民主党であることは確かですが、その民主党を誕生させた方々に一番責任があるはずです。この方々が反省し、前回のような間違いをしないように、しっかりと考え投票することが必要であったのに、それをやらなかった。これが一番の大罪であるとおもうのです。

そんな方々が、政治に対してあーだこーだ言ったり、今の不況を嘆くようなことを言っているかと思うと「お前らのせいだろ~!!!」って叫びたくなります。

そんなことで、日本の政治に影響を与えるぐらいなら、日本に住まなきゃいいのに。。。



スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : アフィリエイト

FC2カウンター
カテゴリ
ads by google
チェック!
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。