スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリーグ開催にもの申す

3月25日のセリーグ開催が話題になっています。
結論からいうと現段階では開催は延期するべきだと思います。
政府からも電力が足りていない地域でのナイターは厳に自粛をするようにとの要望があったようです。
「野球が勇気を与える」
確かにそうです。
しかし、余震が続く中、また、電力が不足する中、人を集め、大量の電力を使いやる必要があるのか?
営利を目的とする団体が営利を目的としてやるのであれば、危機管理をまず徹底する必要がるわけで、
その意味からも認識が甘いのではないかと思うのです。

開催が遅れればそれだけ収益に影響がることは想定されますが、給料をもらう選手会がハードスケジュールに
なってもやりぬくから、開催を延期してくれって言ってるのに、それでも開催を強行するリーグ側の対応は理解できません。

同じ野球でも、高校野球は開催を決定しました。こちらには大賛成です。
こちらは営利を目的とするものではありませんし、開催地は関西の甲子園。試合も昼間です。
高校生にとっては一生に一回の出来事である選手もいるでしょうし、純粋に今までやってきた成果を発揮する場所です。宮城県代表の高校も出場を希望していて、会場に向けて出発すると言っていました。
これにこたえて開催を決定した高野連は評価できますし、「野球が勇気を与える」ってことはこういうものではないかと思います。

選手の気持ちが入っていない野球を見せられても勇気など湧くものではありません。
そこは「プロなんだから」ってことを言うかも知れませんが、プロである前に人間なんですから、
自分の信条に反してプレーしてもそれを見ている人にはわかりますし、そんなプレーを見せられて勇気がわくわけありません。

3月25日開催を発表した段階で、セリーグはその歴史に大きな汚点を残すことになったんではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
カテゴリ
ads by google
チェック!
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。